ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > アーカイブ > 2016-10

2016-10

思いだすこと ー柴崎正之先生ー

ろりぽっぷ 999号 2016年10月21日

ろりぽっぷ999号
ろりぽっぷ999号
木曜の朝、園に近づくとサンマを焼く臭いが風に乗って流れてきました。
今日はサンマの炭火焼きの日です。内輪でパタパタとあおぐ子どもたち。煙がモクモクと上がります。

さて、今号はろりぽっぷ立ち上げの頃から関わりがあり、保育の理念を確立していくために助言をいただいたり、相談に乗っていただいた柴崎正之先生(家政大)についてふれていきます。又、数多く講演していただいた中から、心に残った内容をご紹介させていただきます。

体調をくずされたここ何年間は園においでいただく機会がありませんでしたが、少し大きくなった卒園児のお母様方にはおなじみの先生でした。
当時、先生も子育てのまっ最中でお子さんの成長の様子を例としてお話なさる姿に子ぼんのうな父親ぶりがかい間見えて親しみを感じたものでした。

先生は北軽井沢の開拓農家に生まれ、水道もなく、冬はすき間から雪が吹き込むような環境で子ども時代を過ごされ、大変ご苦労なさったと聞いています。
現筑波大で障害児教育を専攻し、後に文科省で教育要領改訂にも関わられました。家政大に移られた後は、精力的に全国を回り、保育者たちの指導にあたり、幼児教育界を牽引されてきました。
えらぶらないあたたかなお人柄は学生、保育者、父母たちに信頼され、慕われていました。その保育界の良心ともいえる先生が10日に亡くなられました。65歳でした。通夜には何百人もの人たちがお別れに集まり、いかに多くの人たちに影響を与え、敬愛されていた方だったかを深く胸に刻みました。

子どもに向けるあたたかな視線、遊びの大切さを説く先生のご指導をまだまだ受けたかった、ろりぽっぷを見守ってほしかったと残念な気持ちで一杯です。ご冥福をお祈りいたします。

保育者として、理想的なかかわりを保証してあげられないかもしれない−
でも、今、私に、そして私たちにできる最大限のことは努力してみよう、という心意気だけは失いたくはないのです。
混乱している時代の中で、自分が何を基盤にして目の前の子どもや保護者とかかわっていくかを考えていただけることを祈っています。
柴崎正之

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ひとりひとりが輝ける一日に -8日はプレイデー-

ろりぽっぷ 998号 2016年9月30日

ろりぽっぷ998号

キンモクセイの香りに花の姿はどこかと探す、そんな季節が今年も巡ってきました。9月は長雨続きで洗濯物が乾かず苦労しましたが、お日様のありがたみをいつにも増して感じた日でもありました。
さて、プレイデー(運動会)まであと1週間です。今日はプレイデーごっこと称してプログラムにそって、ひととおりやってみました。日頃の生活の中で踊ったり走ったりを楽しんでいる子どもたちですが、当日なるべくとまどわないようにお面や衣装も身につけて本番さながらに行いました。プレイデーへの期待で子どもたちの気持ちは、いやが上でも高まりつつあります。

その中でも年長組はリレーにむけて力が入っています。
各クラスでリレーの走る順番をどのようにして決めるか話し合ったり、何度も園庭のトラックを走り込んだりして準備を進めてきました。その中で、リレーのスタートの方法をどうするか、子どもたちに任せてみることにしました。ひとつは、3クラス同じスタートラインから同時にスタートする同時スタート。もうひとつは、3クラス別々のスタートラインからスタートする三点スタート。この2つの方法から決めるというものです。両方のスタートを何度か経験し、自分はどちらが良いかよ〜く考えてみようと提案しました。そして昨日、各自ボールを持ってこれだと思うカゴに思いを投じました。結果、27対32で三点スタートに決まりました。バトンの受け渡しの時に自分のクラスの子がよくわかるからという意見は、子どもらしい視点だと思いました。

1人ひとりが約80mのトラックを力いっぱい走る姿には、いつも心が揺さぶられ、ついつい涙ぐんでしまいます。今では、各クラス別々にスタートする三点スタートというやり方が定着していますが、この方法に至るまでには長い道のりがありました。
ろりぽっぷでは、いろいろな持ち味のお子さんがいる、1人ひとり違っていいんだよというコンセプトで保育をしている園です。気持ちはあっても思うようには走れない、走るのが苦手というお子さんもいます。自分なりに持っている力を出し切って、楽しんで走れば(歩けば)いいんだよ、そんな思いを実現するにはどうしたらいいかいろいろ悩み、子どもたちとも相談しながら行きついたのが、三点スタートです。

ろりぽっぷ独自の取り組みで、初めての方はびっくりなさると思いますが、どうぞご理解の上、応援していただけると、この上なくうれしく思います。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > Archives > 2016-10

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2018年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。